1. HOME
  2. 熱海で働く人びと
  3. 熱海玉の湯ホテル

熱海で働く人びと

Interview

熱海玉の湯ホテル

新発見。熱海には、私の“好き”がいっぱいありました。

芹澤仁郁(せりざわ にな)

玉の湯ホテル 客室係(仲居さん)
平成30年6月入社 28歳 神奈川県出身
熱海歴6か月

熱海で今のお仕事をするきっかけは?

とにかく海が好きで、海の近くで働きたかったんです。東京、神奈川でずっと働いていて、正直疲れ過ぎました。「これはダメだ。体と心の健康を取り戻そう」と、リゾート地での仕事を探しました。私にとっては海が一番、海の目の前で働ける玉の湯ホテルは理想にピッタリでした。寮があって、東京、神奈川へのアクセスが良いのも熱海に決めた理由です。

実際に熱海で働いてみてどうですか?

もう最高です。本当に目の前が海ですから。熱海は今まで通り過ぎる事が多くて、プライベートで来たのは2歳の時、滞在経験もなかったのですが、街は賑やかだし、自然もあるし、東京は近いし、気候も人も温かいし、不便に感じる所はほとんどありません。ノンストレスです。温泉の効果もあるかもしれませんが、肌もきれいになったような気もします。

仕事の方はいかがですか?

テレビドラマの影響でしょうか、仲居さんの仕事って職場でいじめられたり、正直最初は恐いイメージがありました。実際に働いてみると、周りの先輩は優しいし、厳しい雰囲気もなく、想像とは違いました。(笑)これまでも接客の仕事が多かったですが、この仕事はスーパーやコンビニと違って、1日~2日とお客様と接する機会が多く、仲良くなったり、「ありがとう」と声掛けいただいたり、思わず笑顔になることが多く楽しいです。また、この仕事をして気づいたことですが、「私は料理を並べるのが好き」ということ。美味しい料理を上手に並べて、綺麗に、より美味しそうにできるのが、なぜか好きです。理由は謎ですが、これは新しい発見でした。

お休みの日は?

担当するお部屋の朝食を終えて挨拶を済ませてから、翌日のお出迎えまでが休みになります。10時半から翌日の2時半までで、休みの日は東京や神奈川に出かけて、友人や家族に会うことが多いです。丸々遊べて、朝もゆっくりなので、遅くまで飲んでも大丈夫なのは嬉しいですね。あとは、のんびり寝たり、絵を描いたり。絵を描くのが趣味ですが、こちらに来てからはストレスが無いので、絵を描く回数は減ったかもしれません。(笑)

熱海に来て良かったことは?

いっぱいあります。これも新しい発見でしたが、温泉が気持ちいいことです。それまで温泉は特に好きでも嫌いでもなかったのですが、ここへ来て温泉に浸かることが増えて、「あー気持ちいい。極楽、極楽」本当にこんな感じです。温泉には毎日入っています。もうひとつは、生活費がほとんど掛からないこと。ホテル内に寮があって、食事も支給、お風呂も入れるし、日常の中でお金を使うことは極端に減りました。東京にいると稼いでもお金は自然と出ていきますから。後はやっぱり、寮の部屋から見る海。今日撮った日の出の写真ですが、実物はこれの5倍くらいで本当に綺麗なんですよ。

今後の目標は?

熱海が気にいったので、ここで仕事を続けようと思います。そして、もっとお客様に喜んでいただける温かい接客ができるようになりたいですね。先輩達の一歩引いてお客様のことを考えた振る舞い、しなやかな動き、お喋りをみていると美しいなあと感じます。

未来の熱海人へのメッセージをお願いします

熱海には自然も多く、色々な魅力が詰まっています。同じ職場の人は喫茶店が好きで、熱海の色々なお店を回っています。釣り、海、山、食べ物、何でも良いので、是非自分の“好き”を見つけてください。私は海が好きですが、秘宝館も一見の価値ありですよ。(笑)

― 芹澤さんお気に入りの熱海スポット ―

来宮神社
あまりに気持ち良くて、コーヒー飲みながら絵を描いて、4時間ほどいました。時間を忘れてパワーをもらえる癒しの場所です。

熱海玉の湯ホテル(あたみたまのゆほてる)

静岡県熱海市渚町26番11号
TEL 0557-81-3561
http://www.tamanoyu.com/

~取材後記~

「もう最高です」「ノンストレスです」芹澤さんの言葉には、心の底からそう感じている響きがあり、それは彼女の笑顔とツヤツヤしたお肌の色からも充分感じました。彼女が熱海で自分の“好き”を見つけられたのも、自ら行動を起こしたから。勇気を持って飛び込むことで開ける扉があることを教えられました。