1. HOME
  2. 熱海で働く人びと
  3. リラックスリゾートホテル

熱海で働く人びと

Interview

リラックスリゾートホテル

仕事に子育てに、充実した毎日を送る
熱海大好きヤングママ。

菅原 未新(すがわら みにい)

リラックスリゾートホテル フロント係
平成30年6月入社 26歳 ベルギー出身
熱海歴4年5ヶ月

ベルギー出身なんですね。なぜまた熱海へ?

ベルギーから日本に帰り、高校時代は父の実家の宮城で過ごしました。父の仕事の関係で湯河原に来て、そこで仲居の仕事を始めたんです。日本を色々見たくて山梨でも働きましたが、やっぱり私は海が好きなので、海に近い熱海がいいなって。旅館の仲居さんは経験したので、今度はホテルのフロントをやってみたいと思いました。リラックスリゾートホテルの面接当日に採用と言われ即返事、とってもお洒落な内装に一目惚れでした。
2014年から働き始めて2年目で結婚、そして出産。一度仕事を辞めたのですが、子どもが一歳半になってまた働こうと思って戻ってきました。

えっ、お母さんなんですか!お子さんは熱海の保育園に?

はい。よく言われます。以前は函南に住んでいて、沼津の保育園へ送りながら熱海で働いていましたが大変で・・・。昨年の10月に引っ越して、今は熱海の保育園に通っています。熱海にはサービス業のお母さんが多く、申請すれば日曜保育もOK。保育士さんがとても親切で送り迎えも楽だし、熱海に引っ越して本当に良かったです。

現在のお仕事内容は?

フロント業務を中心に、チェックインからお部屋の案内、朝食のサービスとチェックアウトを行います。勤務には、早番、日勤、夜勤とありますが、私は会社が配慮で8時~16時30分の早番のみ。最初の頃にエステや経理、調理補助も経験していたので、人が足りない時はヘルプに入ることもあります。色々経験させてもらえるのは自分のスキルアップにもつながるので大歓迎。私は基本的にポジティブな性格なんです。

今のお仕事はいかがですか?

充実していますね。お客様と直接触れ合う機会が多いのですが、声のトーンひとつで良くも悪くもお客様の表情が変わります。自分の対応次第で、結果が手に取るようにわかる仕事です。お客様が心の底から喜んでいる笑顔、「ありがとう」の言葉ひとつがやりがいになりますし、「またこの笑顔を見たい」といつも思っています。

すごい高台にあるホテルですね。通勤は車で?

私も最初面接に来た時はビックリしました。ここまで登ってくる大変さがわかるので、お客様が到着してピンポンが鳴ったらダッシュで迎えに行きます。「いらっしゃいませ」の最初の一声と笑顔が大事で、おもてなしの気持ちをできる限りお伝えします。高台だからこその魅力もあり、全室オーシャンビューの部屋から見下ろす花火は最高です。
通勤は、海の近くの寮から歩いて来ます。20分位でちょうどいい運動になります。歩きながら見える景色を楽しみながら「あっ虹だ!」とか、とってもいい気持ちですよ。

休日やオフタイムはどのように過ごしていますか?

休みの日は、子どもとお買いものに出かけたり、一緒に海を散歩したり、公園で遊んだり、子どもと過ごすことがほとんどです。しっかり働いてオフは子どもと、このメリハリ、バランスがいい感じです。一緒の寮に住んでいる同僚は20代の若い人が多く、皆で一緒に部屋で飲んだり食べたりするのも楽しいですね。

菅原さんにとって熱海の魅力は?

海が好きなのでそれが一番ですが、夏の花火、梅や紅葉、緑も多いし、どの季節でも楽しめる風景があるのが熱海の魅力です。
また、気軽に声を掛け合い、人とのつながりを持ちやすい、みんな仲良しの空気感が熱海にはあります。他の土地では感じることのなかったものです。仕事や生活する中で大事なのは人間関係。熱海にいればその心配はないと思います。

今後の目標は?

ホテルをもっともっと良くすること。スタッフ皆でお客様が喜ぶプランを考えたり。皆が同じ方向を向いて努力することで、最近は若いお客様も増えてきました。
また、熱海全体を盛り上げる場面にも参加していきたい。日本やベルギーの友達には、FBで熱海の魅力を発信しています。いつかはベルギーに戻りたいと思っていますが、日本にいる間はずっと熱海です。

未来の熱海人へのメッセージをお願いします

熱海での子育てしながらの仕事は、オンとオフのバランスがメリハリ良く充実しています。そのベースにあるのは人間関係。熱海は「狭く深く」人との関係をつくれる素晴らしい場所です。どの世代の方でも、きっと好きになれると思います。

― 菅原さんお気に入りの熱海スポット ―

熱海サンビーチ
「特に夜の海が好きです。静かな海に聞こえる波の音、素足に感じる砂浜、何もせずただ歩くだけで幸せな気持ちになれます」

リラックスリゾートホテル

静岡県熱海市咲見町6番41号
TEL:0557-84-0555
http://alcazaba.co.jp/hotel/

~取材後記~

仕事と子育ては決して楽とは思いませんが、彼女の充実した笑顔からはその大変さが見えませんでした。「狭く深く」、人との関係を保てる熱海の力でしょうか。菅原さんが話すフランス語を聞きたかった。